2011年06月24日

韓国旅行記C 景福宮編

景福宮の前に 前夜行った【ドラゴンヒルスパ】の紹介を・・

地下鉄1号線「竜山駅( ヨンサンヨク)」すぐ近くの巨大スパ施設いい気分(温泉)
地下1階から7階まであり 朝から夜まで一日中居ても楽しめそうるんるん
食事も出来るし睡眠室もあるので ホテル代わりに利用する人もいるようです

入場料10000W(約800円)20時過ぎてからの入場は12000W
12時間を超えると1時間につき1000w(約80円)の追加料金
浴場は7種類のお風呂と2種類のサウナ、露天風呂、ヨモギ蒸し等があります

お風呂の他に今回利用した部屋(写真はソウルナビから頂きました)
黄土ピラミッド瞑想修練室
big_38773.jpg
汗がジワっとにじむ位の温度 熱いのが苦手なので丁度いい感じ
個室?に横になり瞑想・・・ 漢方の香りがしました

クリスタル光塩部屋
big_38774.jpg
靴下をはいて入るようにと書いてあるのに無視して素足で入ったら 
床が熱々どんっ(衝撃) 飛び跳ねるように敷物の上へあせあせ(飛び散る汗)
ここは塩で出来たお部屋 高温なのであっという間に汗だく
美容に良さそうだけど長居は出来ませんでした

ヒノキ森林浴部屋
big_38775.jpg
ヒノキの香りに包まれてついウトウト眠い(睡眠)
周りを見ると熟睡している人達が多いです

他にクヌギ炭窯、松の木火汗蒸幕、天然軟玉ピラミッド気体験室などたくさんの部屋があります

ヒーリングゾーン全体
big_38766.jpg
ここでパッピンスを食べながらゴロゴロ 程好い床暖が心地よいです
大型TVではヒョンビン主演の「シークレットガーデン」を放映中で大勢の人がTVに集まっていました

9時頃から約3時間滞在
夜中12時を過ぎて突然の体調不良で慌ててホテルに戻りましたあせあせ(飛び散る汗)


1月16日(日)晴れ
テレビの天気予報 予想はしていたけど本当に-18℃の表示ががく〜(落胆した顔)
測っていないけどまだ熱がありそうバッド(下向き矢印) (´д`lll)
気力で乗り切るぞexclamation×2 と気合を入れて景福宮に出発しましたグッド(上向き矢印)

10:10 景福宮着
DSCF0877.JPG
景福宮の説明は2010年7月28日に詳しく書いてますわーい(嬉しい顔)

快晴で風もないけど空気が痛いあせあせ(飛び散る汗)
鼻の奥で 鼻水が凍る感覚を初めて体験ふらふら
人影もまばらの中 気力で目的地(香遠亭)を目指します

香遠亭(ヒャンウォンジョン)
CIMG0188.JPG
ここまで来ると観光客は私達だけ
みんな寒くてこんな奥まで来ないようです

寒くても熱があっても どうしてもここまで来たかった理由は
DSCF4005.JPG
アルバムに2008年11月の紅葉、2010年6月の新緑、そして今回の冬景色を同じ場所で撮って並べて載せたかったから顔(イヒヒ)

CIMG0340.jpg
DSCF5983.jpg
DSCF0883.JPG

DSCF1647.JPG
DSCF5979.JPG
DSCF0880.JPG

DSCF1640-19134.jpg
DSCF5971.jpg
DSCF0879.JPG

1月は青い空に 一面の銀世界雪っていうのが理想だったの
木の枝に白い雪が欲しかった
数日前に降った雪がとけずに残っていてくれただけでもラッキーかな

フラフラになりながらも意地で行った景福宮
なんとか写真も撮れて満足(^〜^)v

CIMG0211.JPG
気力で立ってる私(~_~;)

DSCF0904.JPG
景福宮の光化門(クァンファムン)は約4年の工事を経て昨年8月完成
ビョンホン主演の「アイリス」ではこの光化門広場で銃撃戦の撮影をしています
その時まだ光化門は完成してないはずなのに立派な光化門が映ってました目  きっとCGを使ったんですね

景福宮から明洞(ミョンドン)まで寒さと寒気と戦いながら頑張って歩きました

そして ここで元気を貰いました('-^*)/
DSCF0917.JPG
ヨン様がイメージキャラクターをしているショップCMT顔(イヒヒ)

これで1月に行った極寒の韓国旅行記はおしまいです
最後まで読んでくれてありがとうございます揺れるハート


先日 ギャラリーカフェに行って来ました
今回はポジャギ展
店内に飾ってある作品を眺めながらゆっくり食事

DSCF3679.JPG
このボリュームで900円

ポジャギは韓国伝統のパッチワークです
DSCF3681.JPG

DSCF3680.JPG
レトロな雰囲気の喫茶店に 素敵な作品が映えますぴかぴか(新しい)


今日は暑かったあせあせ(飛び散る汗) 散歩はお休み
DSCF3916.JPG
爆睡中のしおん^m^

汗だくになりながら夏の花を植えました
DSCF3999.JPG

DSCF4002.JPG

ニックネーム miko at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

韓国旅行記Bグルメ編

1日目(1月14日)
15:20 狎鴎亭(アックジョン)のロディオ通り近くの【スックルレ】
スックルレ(ヨモギ餅)
DSCF0546.JPG
一口サイズのヨモギ餅に白あんがまぶしてあり 黒蜜シロップをかけて頂きます  5000W(約380円)

タンパッチュ(ぜんざい)
DSCF0548.JPG
餅や栗の他に ナツメ、クルミ、松の実が入っていてシナモンがかけてあります
韓国でぜんざいを食べるのは二度目ですがシナモンがかけてあるのが普通のようです   前回はシナモンがきつくて除けて食べましたが今回はシナモンも綺麗に完食

17:40 現代百貨店地下食品街ケーキ購入バースデー 15000W(約1200円)
CIMG9859.JPG
夜食用です顔(イヒヒ)

18:20 新論峴(シンノニョン)駅近くの【ケッポレチンジュ】
地元で人気の チョゲグイ(貝焼き)のお店です
DSCF0555.JPG

CIMG9865.JPG
店内はゴチャゴチャした感じ(^_^;) 
天井でキラキラ回っているミラーボールが印象的です

貝盛り合わせ 2人分38000W(約2900円)
DSCF0559.JPG
DSCF0575.JPG
アサリやハマグリのような二枚貝、ホタテやキチョゲとよばれる大きな平貝などの貝類をはじめ 海老や生ガキ ウインナー、トック(餅)、コーン焼き芋と盛り沢山
ホタテと大アサリ?はチーズやコチュジャン、ニンニクなどで味付けしてあります  食べても食べても貝が運ばれて来ますあせあせ(飛び散る汗)
これだけの貝を一度に食べたのは初めて

DSCF0570.JPG
生ガキです〜るんるん 皿がありません テーブルに直に置いてます 
こんな光景もうスッカリ慣れました(^〜^)

DSCF0582.JPG
DSCF0583.JPG
仕上げは焼き芋顔(メロメロ)

CIMG9893.JPG
お店の外に出ると長い行列にビックリ!
噂通り人気のお店のようです

20:20 ホテルの部屋でデザートタイム
現代百貨店で買ったコグマ(さつま芋)ケーキ 1ホールグッド(上向き矢印) 
DSCF0603.JPG
中はスウィートポテト これがとっても美味しかった
一切れずつ翌朝に残し他は全部食べちゃいました顔(イヒヒ)

この後 友達に異変爆弾


2日目(1月15日)
心配した友達は無事回復グッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)
7:50 前の晩残したケーキを食べて出発

10:30 ちょっと遅い朝食はナミソムの【ドラマカフェ 恋歌の家】で
CIMG9977.JPG
このお店は撮影中の休憩所としても利用されてました
お店の中にはロケの写真や俳優さんのサインが飾ってあります

このお店の1番人気 イェンナル・トラシク(昔のお弁当)
4000W(約300円)
DSCF0694.JPG
アルミのお弁当箱の中に炒めたキムチと目玉焼き、ご飯が入っていて直火で温めて熱々を持って来てくれます
軍手をはめて自分で弁当を振ってから食べます

CIMG9963.JPG
CIMG9965.JPG
かなり振ったのにうまく混ざってません (^-^;
お隣に座っていた地元の学生さん 蓋を開けたらきれいに混ざってるがく〜(落胆した顔)
何かコツがあるのかな?
仕方ないのでスプーンで混ぜて食べました(^^ゞ

11:10 おやつタイム
緑茶ホットック 1000W(約80円)
DSCF0708.JPG

DSCF0710.JPG
熱々でモッチリしていてとっても美味しかったです顔(笑)


春川の明洞通りすぐ近くにタッカルビ横丁という通りがあり タッカルビ店が密集しています
CIMG0086.JPG

15:15 ちょっと遅い昼食 【名物タッカルビ】
CIMG0089.JPG

タッカルビ2人分20000W(約1500円)
CIMG0099.JPG
鶏肉とキャベツ、エゴマの葉、トック(餅)を甘辛い味噌で炒めたもの

ポックンパッ2000W(約150円)
CIMG0102.JPG
同じ鉄板でご飯、甘辛味噌、サンチュ、海苔を炒めます
全てお店の人がやってくれるので私達はエプロンをして待っているだけ

19:45 夕飯は龍山(ヨンサン)駅近く 【元祖カムジャタン】
カムジャタン小 13000W(約990円)
CIMG0128.JPG
ジャガイモと骨付き豚肉のピリ辛鍋

スンデ 3000W(約230円)
CIMG0127.JPG
豚の小腸や大腸に野菜、もち米、豚の血あい等を詰めたものでモチモチした食感  塩を付けて食べます

21:10 ドラゴンヒルスパでおやつ
パッピンス(かき氷)
CIMG0138.JPG


そしてこの後 前夜の友達に続き私に異変が・・・
かき氷食べるまでは何でもなかったのに突然寒気がして震えが止まらない顔(なに〜)  間違いなく熱が出てるあせあせ(飛び散る汗) 発熱なんて10年ぶりです

何とかホテルに戻り 服も着替えず就寝


3日目(1月16日)
友達は一晩で回復したのに 私はまだ熱が高そう・・
でも熱を測ると動けなくなりそうなので気合で外出
よりによってこの日のソウルの気温はここ数年で一番の寒さ
最高気温-10℃ 最低気温-18℃

朝食はホテルビュッフェの予定だったけど吐き気もするのでキャンセル
昼食も予定してたお店には行けず 景福宮近くのお店でパンとコーヒー
CIMG0220.JPG

13:30 仁寺洞(インサドン)の伝統茶の店【インサドン】
CIMG0229.JPG

CIMG0230.JPG
柚子茶、蓮の葉茶、韓菓子 21000W(約1600円)


今回の旅行 二人とも体調を崩してしまったのですが原因を考えてみるともしかしたら初日に食べた貝焼きかも
お芋の隣りの貝・・もう時間も遅くなり 残すという考えのない私達はまだ開いてない貝をこじ開けて生焼けの貝を食べてしまったんです爆弾
食べた瞬間 生だ!って思ったんですが お気楽な2人は「まっいっかぁ」って(^▽^;)
これが原因だったかもしれませんふらふら

韓国旅行記C 気合いで行った景福宮編に続きます


6月10日(金)
友達と韓国料理の店【アボジ】へるんるん

DSCF3659.JPG
DSCF3658.JPG
DSCF3663.JPG
DSCF3665.JPG

この後 我が家でデザートタイムグッド(上向き矢印)
DSCF3668.JPG

わん達 並んでお見送りHello
DSCF3672.JPG
 
ニックネーム miko at 09:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 韓国旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

韓国旅行記A 春川(チュンチョン)編

南怡島(ナミソム)から再び加平駅に戻り京春線で春川に向かいます
約20分で春川駅到着

ドラマの中の春川駅
DSCF0352.JPG
 下
現在の春川駅
DSCF0775.JPG
時の流れを感じます〜(^〜^;)

春川駅からタクシーで5分程で到着したのは チュンサンの家
地図を見ながら歩く予定でしたがあまりの寒さで断念です

DSCF0401.JPG
下
DSCF0777.JPG
見覚えのある蔦の塀 看板が立ってるので間違いないですね

CIMG0030.JPG

ドキドキしながらインターホンを押すと初老の優しそうな男性が出て来てくれました
以前は1日に300〜400人も訪れていたというチュンサンの家
今でも毎日訪れる人がいるそうです
でも個人で訪れる人は珍しいのか「2人です」と言ったら驚かれていました
入場料5000W(約400円) 2人っきりでたっぷり楽しみましたよ顔(笑)

DSCF1269.JPG
 下
DSCF0830.JPG

中に入ると
DSCF0333.JPG
 下
CIMG0035.JPG
ピアノやテーブル コップまでそのままです

手袋も
DSCF1218.JPG
 下
DSCF0791.JPG

電話も
DSCF1098.JPG
下 
DSCF0812.JPG
撮影時の小物がそのまま置いてありましたるんるん

DSCF1111.JPG
 下
CIMG0054.JPG

ピアノの上のテレビではココで撮影した場面が繰り返し流れていました
ピアノには冬ソナの楽譜が置いてあり自由に弾いて良いそうです
部屋はオンドルでぽかぽかいい気分(温泉)
温かくてこのままココでお昼寝してしまいそう・・
「ゆっくりしていってください」って言葉に甘えて本当にゆっくりさせて頂きましたわーい(嬉しい顔)

チュンサンの家のすぐ近くには【初恋】のチャヌの家がありました
チャヌの後方に蔦が絡まる前のチュンサンの家の塀が映ってます
DSCF0429.JPG
下
DSCF0781.JPG

この辺りは再開発地区らしく 反対側の建物は全て壊され造成中でした
いずれチュンサンの家もチャヌの家も取り壊されてしまうのかもしれません
DSCF0840.JPG

この後もチュンサンとユジンが大晦日に会う約束をしていた明洞通りのツリー前等ロケ地をたっぷり堪能して最後に春川高校

DSCF1077.JPG
下
CIMG0111.JPG
撮影ではこちらから登ってまた同じ場所に降りてます
塀の中を覗いてみると 道路側より地面がかなり低く 樹木もあって降りるのは不可能(^_^;) 樹木は随分成長したようです
春川高校の塀は一部を除いて近代的な立派な塀になってました
私達のように何年経っても訪れる冬ソナファンの為に撮影した塀を残してくれているようです(*^.^*)


韓国旅行記B グルメ編に続きます


長くなったので代表でしおんの写真を1枚(^^ゞ
DSCF3378.JPG

  
ニックネーム miko at 01:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 韓国旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

韓国旅行記@ 南怡島(ナミソム)編

2泊3日の韓国旅行から帰って来て早5ヶ月あせあせ(飛び散る汗)
今頃ですが極寒に震えた韓国旅行を紹介したいと思いますわーい(嬉しい顔)
今回も自力でロケ地を巡って来ました(o^-')b

1月15日(土) 晴れ
旅行2日目 以前からずっと行きたかった冬の南怡島へるんるん

南怡島への行き方は色々ありますが 私達は鉄道を利用しました
ソウルから北東へ83.6kmのところにある江原道の中心都市が春川
「冬のソナタ」のロケ地として日本でもすっかり有名になりましたぴかぴか(新しい)
南怡島(ナミソム)は春川の手前の加平(カピョン)駅で下車します

7:50 ホテル出発 
上鳳(サボン)駅から京春線に乗って加平(カピョン)
約50分 1700W(約130円)
余談ですが我が家の前から徒歩10分の所までバスに乗ると200円です
列車に50分乗って130円ってがく〜(落胆した顔) 安っ 

9:40 加平駅
CIMG9903.JPG

加平駅からタクシーで約6分で南怡島船着き場に到着
チケットは1人8000W(南怡島利用料5000W+往復フェリー料3000W)
南怡島は独立国家「ナミナラ共和国」というコンセプトのもとに運営されているそうです
乗船券売り場は「出入国管理事務所」 島の入り口の観光案内所は「ナミナラ共和国観光庁」という名前が付いてます

CIMG9914.JPG
南怡島まで船で約7分
耳が痛くなる寒さでしたがデッキからの景色を楽しみました

南怡島は漢江(ハンガン)に浮かぶ小さな島です
その漢江に張った氷を掻き分けながら船は進んでいきます
DSCF0648.JPG

10:05 着いた〜るんるん
CIMG9929.JPG
凍っている噴水を見て〜 どれ位寒いか想像つくと思います(^〜^;)


ミニョンが記憶を取り戻す為ユジンと思い出の場所に訪れた時のシーン
DSCF0374.JPG
 下
CIMG9935.JPG
松の並木道・・ここで撮ったんだ〜揺れるハート

南怡島には「冬のソナタ」で知られるメタセコイアの並木道の他にも松、銀杏、白樺などの並木道があります
また島内にはダチョウやクジャク、リス、キンケイなどの動物が生息しているそうです
並木道を歩いていたら沢山の野生のリスに遭遇

CIMG9949.JPG

DSCF0713.JPG
可愛い顔(笑)

冬ソナと言えばこの写真
E3808CE586ACE381AEE382BDE3838AE382BFE3808D01.jpg
namikimiti.jpg
下
CIMG9994.JPG
メタセコイアの並木道です

すぐ隣りの並木道はこのシーンを撮影した場所るんるん
DSCF1083.JPG
下
DSCF0717.JPG
ユジンが歩いた丸太は撤去されてましたバッド(下向き矢印)

DSCF0359.JPG
下
DSCF0728.JPG
この辺かなぁ ^m^
雪が降ってくれたらもっと雰囲気が出たのですがこの日は快晴晴れ
でも気温は氷点下 川(ドラマでは湖でした)は凍っていて真っ白です
ちなみに翌日の南怡島の気温は−22℃でした

ユジン達がチュンサンのお葬式をした場所
DSCF0369.JPG
 下
CIMG0007.JPG
今はボート乗り場になっていました
川なのか地面なのかよくわからない状態
川に落ちたら大変あせあせ(飛び散る汗) とかなり緊張して立ってます( ̄ー ̄;)

そして

チュンサンとユジンがファーストキスをしたベンチ黒ハート
DSCF1087.JPG
下
CIMG0015.JPG
ブーム当時は 写真撮影をする為の長い行列が出来ていたそうです

CIMG0003.JPG
ず〜っと憧れていた南怡島(ナミソム)
半端じゃない寒さだったけど 行って良かった〜顔(メロメロ)
約2時間半のんびり島内を巡って 次の目的地春川市

韓国旅行記A 春川(チュンチョン)編に続きます
春川でもチュンサンの家などロケ地をしっかり見て来ましたo(*^▽^*)o~♪


梅雨の晴れ間 晴れ
わん達は外に出たくてウズウズ
DSCF3488.JPG

DSCF3499.JPG

DSCF3500.JPG

DSCF3502.JPG

DSCF3506.JPG
いっぱい遊んで今は全員爆睡中眠い(睡眠) わーい(嬉しい顔)
 
ニックネーム miko at 16:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 韓国旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする